FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

深夜の読書

ここ最近、じっくりと小説を読む事がなかったのですが、
久々に、東野圭吾さんの『手紙』という、小説を読みました。

                手紙

これは、旦那が買ってきた本で、
「全体的に暗かったけど、なんか考えさせられるものがあった・・・。
アンタも読んでみー。」


と手渡されたはいいものの、非常に重いストーリーで
一度、読むのを止めたのですが、やっぱりちょっと気になって、
再度、就寝前に読み出したら、今度は止めることが出来なくて
結局、全部読み終え、気づいたら時刻は午前3時でした・・・。お肌が・・・。
深夜って何故か集中できるんですよね。

この小説のテーマは、『犯罪加害者の家族』についてです。
両親もすでに他界し2人だけの兄弟、その兄が弟の大学進学の為に、
強盗に入り、思いがけず殺人を起こす事から始まり、
自分は何もしていないのに、兄のせいで、自分のやりたい事を
次々に奪われる弟の様々な苦悩が、綴られています。



私も、絶対犯罪加害者の家族にならないとは言い切れません。
もしかしたら、家族が交通事故を起こしてしまうかもしれません。
交通事故のニュースを見る度に、旦那と
「事故だけは明日は我が身やし、気をつけななあ」と話しています。

この作品は、加害者の家族の目線で進んでるので
この弟に同情してしまうこともありますが、
被害者の立場からいうと、加害者同様、家族も差別されて
当然だと思うのが普通の感情だと思います。

自分には関係ないなあと思いながら読むと、
比較的楽に読めると思うのですが、
実際、これって他人事ではないなあと思いながら読んだので、
読んだ後、何ともいえない複雑な感情がわきあがりました。

結局、何も解決していませんが、人とのつながりを
もっと意識して、世の中の犯罪が減る事を願うばかりです。

11月から映画も上映されてるようですね。
すぐ見に行けないのが残念です。














スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

今まで、あんまり多くの本を読んでいないのですが、東野圭吾さんの本をドラマ化した「白夜行」をテレビで初めて見たとき、あぁこの本どうしても読んでみたいって思ったんです。それから東野さんワールドにはまって、色々読むようになりました。どれもあまり明るい雰囲気では無いけれど、引き込まれずにいられない感じです。後になって、あ・・あれもこれも・・と、色々有名な本があの方の書かれたものだと知り、すごい人だなって余計に感じました。手紙もまだ読んでいないけれど、映画の予告宣伝番組を見てから、ずっと気になっていて。りーず☆さんの解説が分かりやすかったので、今すごく「まずは本を・・」という気持ちになっています。

towazさん

私も旦那がいつも買ってくる本を、読むばかりなので、えらそうにはいえませんが、
東野さんの作品はぐっと引き込まれるものがありますね。
映画もなかなか好評みたいですね。
でも、原作読んでからだともっと感情移入できるかもしれませんね。是非読んでみてください。
コンテントヘッダー

ブログ内検索

プロフィール

りーず☆

Author:りーず☆

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
最近聞いてる音楽
Mr.children 『HOME』

HOME(通常盤)

最近はまってること
こまけいこ『晴れときどきはんこ』

晴れときどきはんこ―雑貨的消しゴムはんこを楽しむ本

おススメC-POP

メロメロパーク
お友達募集中です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。